お知らせ

総合型/学校推薦型選抜合格講座

近年、大学受験において総合型/学校推薦型選抜が注目を集めています。

国公立大学の募集人員の割合

国立大学では約2割、公立大学では約3割が総合型/学校推薦型選抜の定員を設けています。

私立大学の募集定員の割合

私立大学ではなんと入学者の約6割が推薦系での合格者になっています。

推薦系入試にチャレンジしよう

先のグラフにもありましたが、私立大学の一般入試の定員は全体の4割程度です。

部活が終わってから勉強を始めて一般受験で大逆転!というのはもはや時代遅れといってもいいかもしれません。

積極的に推薦系に挑戦してほしいと思います。

推薦系入試の注意点

ここでまず気をつけたいのが、推薦系といっても必ず合格できる試験ではないということです。

一般試験ほどの倍率は出ませんが、今後推薦系入試の志願者が多くなるにつれ競争も激しくなるでしょう。

さらに、学校ごとに課される試験は小論文、プレゼンテーション、学科試験、課題提出などさまざまで、対策を行うことが難しい内容です。

予備校や映像授業では満足に対策を行うことはできません。

総合型/学校推薦型選抜 合格講座

一人ひとりの志望校に合わせた対策

総合型/学校推薦型選抜で合格を勝ち取るためには、志望校の情報をしっかりとキャッチし対策を行う必要があります。

総合型/学校推薦型選抜に精通した講師が生徒さまと伴走し対策を行います。

完全1対1の個別指導

総合型/学校推薦型選抜 合格講座は完全1対1の個別指導です。生徒様の志望校に合わせて徹底的に対策を行います。

公式LINEでいつでもサポート

トライプラス鎌取駅前校高等部のLINE公式アカウントを利用して質問対応を行っています。

小論文対策

小論文が上手く書けず頭を悩ませている方は多いと思います。

総合型/学校推薦型選抜 合格講座では小論文の書き方、志望校の出題傾向に合わせたパターン練習、添削を1対1の完全個別指導で行います。

小論文を上手に書けるようになるために必要なことはなんといっても「書いた文章を添削してもらう」ことです。

客観的に指摘を受けることで視野が広がり、「自分の文章がどのように試験管に伝わるのか」が分かるようになります。

自分で書いた文章を自分で添削して改善していくには限界があります。

この夏でしっかりと対策を行いましょう。

授業回数

小論文の書き方【7回】

パターン練習、添削【8回】

※試験内容により増減する場合がございます。予めご了承下さい。

プレゼンテーション対策

高校生の段階でプレゼンテーションの経験がある方は、決して多くありません。

そのため志望する大学の総合型/学校推薦型選抜の試験内容に含まれているとほぼ確実に「どうやって対策しよう・・・」となります。

総合型/学校推薦型選抜 合格講座ではプレゼンテーションの内容作成、話し方の練習を 1対1の完全個別指導で行います。

授業回数

内容作成【4回】

話し方【4回】

※試験内容により増減する場合がございます。予めご了承下さい。

その他の課題、志望理由書

小論文やプレゼンテーション以外の課題や志望理由書に対してもしっかりと対策を行います。

授業料

志望する大学の試験内容によって授業数は増減します。授業数は生徒さま、保護者さまと相談の上決定いたします。

1回あたりの授業料は4,840円になります。

授業時間は1回60分です。

まずは一緒に話しましょう!

総合型/学校推薦型選抜を受験するにあたっての不安や悩みを共有し、より効率的、効果的なご提案ができればと思います。

お知らせ

一覧トップへ