高校生のための定期考査対策

※トライプラス鎌取駅前校、おゆみ野校、ちはら台校、千葉みなと校で実施しているコースです。

高校生のための定期考査対策は評定平均向上と勉強のやり方を身につけるコースです。

評定平均を上げる重要性

評定平均を上げる一番のメリットは、ずばり、指定校推薦をもらえる可能性が上がるということです。

大前提として高校は勉強をするところですので高校生の皆さんにはきちんと毎日勉強してほしいと思っています。

推薦をもらうために勉強するっていうのは「学ぶことの本質」とは違いますよね。。。

ただ、、大学受験を考える上で指定校推薦は非常に魅力的です。

なんといっても指定校推薦は、もらえればほぼ間違いなく大学に合格できます。

指定校推薦のためだけに頑張るというわけではありませんが、選択肢の一つとして意識しておいて損はないと思います。

勉強のやり方について

「高校生のための定期考査対策」は後ほどお話しするPDCAサイクルを意識した勉強方法です。

勉強の仕方はもちろん、大学生活、社会人になった際にも役立つ力を身に着けることができます。

評定平均向上の最大の壁は「科目数の多さ」

評定平均とは履修する全ての科目の成績の平均値です。

この評定平均を3年間、一定の数値がキープできれば指定校推薦をもらえる可能性が上がります。

しかし、ここで問題になるのがなんといっても「科目数の多さ」です。

A校の高校1年生の定期考査の例

ある高校1年生の定期考査の科目を紹介します。

①数学Ⅰ

②数学A

③コミュニケーション英語

④英語表現

⑤現代文

⑥古典

⑦生物基礎

⑧化学基礎

⑨地理

⑩公共

ご覧の通り1回の定期考査で10科目の試験があります。

試験前の一夜漬けではさすがに無理のある科目数です。

個別指導で扱えるのはせいぜい1~2科目

そもそも忙しい高校生は、そんなに簡単に時間を確保できません。

トライプラスの授業時間は1コマ90分ですので部活動に所属している高校生の場合はその時間を捻出するだけでも一苦労です。

たとえ時間があっても「何からやればいいんだ・・・」状態に陥ります。。。

私たちも生徒に「苦手な科目だけ個別指導でやりましょう」と声をかけていましたが、苦手な科目が3科目以上あるとなかなか対応できないというのが本音でした。

高校生の勉強の悩みを解決します!

高校生のための定期考査対策で、高校生の日々の悩みを解決します!

高校生のための定期考査対策の内容

対象

高校1年生、高校2年生

対応科目

国語、数学、英語、理科、社会

授業料

授業料は完全定額制です。

高額な季節講習など追加するものはございません。

教材も原則として学校の教材を使用します。

高校1年生

23,100円 (生徒管理費込みの総額)

高校2年生

23,540円 (生徒管理費込みの総額)

指導内容

高校生のための定期考査対策はPDCAサイクルを取り入れたプログラムです。

PDCAサイクルとは

Plan(計画)、Do(実行)、Check(測定・評価)、Action(対策・改善)を循環させ、マネジメントの品質を高めようとする考え方です。

PDCAサイクルは1950年代、品質管理の父といわれるW・エドワーズ・デミングが提唱したフレームワークです。

もともと、生産・業務の工程で改良や改善が必要な部分を特定し、変更できるように考えられたもので、各工程を分析し、PDCAサイクルを継続的に回すことで常にフィードバックが行えるようになります。

この考え方を日々の勉強に落とし込んだものが高校生のための定期考査対策です。

高校生のための定期考査対策、1週間の流れ

DAY1 Plan 学習計画立案

担当の講師と一緒に1週間の学習計画を立てます。

テストに必要な全ての科目をバランスよく勉強できるように計画します。

DAY2~DAY5 Do  学習計画に沿って学習開始

計画した予定に合わせて勉強開始!

DAY6 Check 学習内容の確認

しっかりと計画通りに学習できているか、担当の講師と一緒に確認します。

学習内容で困っていることや、学習の仕方についてしっかりと話し合います。

DAY7 Action  改善案の作成、報告

自分に何が足りないか、どうすれば効率よく勉強できるかなど次の週で改善することを報告してもらいます。

この流れを繰り返すことで学力向上だけではなく勉強のやり方が身につきます。

その他のサポート

提携の自習室を利用できます。(別途費用がかかります。)

 

詳細はご面談時にお伝えいたします。

公式LINEでいつでも質問!

まずは2週間試してみましょう!