ブログ

高校1年生の皆さんへ その1

<トライプラス><千葉><予備校・塾><高校生専用教室><新入生><新年度>

こんにちは!

トライプラス鎌取駅前校高等部の青木です。

新入生の皆さんへ

高校へのご入学おめでとうございます。

中高一貫校を除いて、多くの人は受験を経て高校に入学しているかと思います。人生で初めての受験はいかがでしたか?満足のいく結果となりましたか?

満足のいく結果となった人も、そうでない人も、これからの3年間という高校生活の時間は平等です。充実した高校生活となるように心がけていきましょう!

中学校との違い

~生活面~

中学校と大きく異なるのが生活リズムだと思います。通学方法が変わる人も多くいるでしょう。鎌取近辺にある千葉南高校や明徳高校に進学する場合は、自転車通学になると思います。それ以外の高校では電車通学になるでしょう。市原中央高校や志学館高校、東海大付属市原望洋高校などはバス通学になりますね。

通学方法、通学時間が変わることで、生活リズムも大きく変わります。部活やアルバイト、塾の時間によっては、夜遅くに帰宅することもあるでしょう。体調を崩さないように、食事と睡眠は確実にとり、生活リズムに注意して過ごしましょう!

~勉強面 科目数~

高校生活での重要な要素は当然勉強です。高校に入って多くの人が驚くのが科目の多さです。中学校よりも科目数が増えるのです。

英語→コミュニケーション英語Ⅰ、英語表現Ⅰ数学→数学Ⅰ、数学A理科→物理基礎、化学基礎、生物基礎社会→日本史、世界史、地理、現代社会など

履修する教科やカリキュラムは高校によって異なりますが、概ねこのように分かれます。定期テストは当然各科目で実施されるため、それぞれの科目で対策が必要です。

~勉強面 難易度~

また、高校の勉強は難易度がぐっと上がります。数学は、三角比を始めとして、高校でまったく新しく学習する内容が多くあります。英語は逆に、中学校で学習した内容がほとんどですが、中学校までの学習ができている前提で進んでいきます。英語の授業をすべて英語で行う「オールイングリッシュ」を導入している高校もありますね。

さらに、高校の授業は進みがとても早いです。高校は中学校と違い、クラス内である程度レベルが揃っている集団となります。そのため、個々の生徒の理解度の差は少なく見られがちで、授業はどんどん進んでいくのです。

難易度、進むペースの2つの要因により、毎回の授業の予習が重要です。中学校までは、予習より復習が重視されていたと思いますが、高校では逆です。授業で習うことを予め自分で学習し、できないところを授業で聞くというサイクルが重要なのです。

次回の記事に続きます。

ブログ

一覧トップへ