ブログ

英検の面接ってどう対策するの? ①

<トライプラス><千葉><予備校・塾><高校生専用教室><英検><面接><ニュース>

こんにちは!

トライプラス鎌取駅前校高等部の青木です。

昨日15日、第2回英検の2次試験が終わりました。英検には複数の受験方式がありますが、従来型の英検では筆記試験が行われる1次試験の後、面接が行われる2次試験があります。次回以降の英検に向けて、英検2級、準2級の面接とその対策について書こうと思います。

英検の面接対策(2級、準2級)

面接の流れ  ~英検準2級~

面接形式のスピーキングテストです。

1、入室と挨拶

係員の指示に従い、面接室に入ります。挨拶をしてから、面接官に面接カードを手渡し、着席します。

面接形式のスピーキングテスト
2、氏名と受験級の確認

面接官が受験者の氏名と受験級の確認をします。その後、簡単な会話をしてから試験開始です。

<会話例>

「Today is a nice day, isn’t it?」(今日はいい日ですね!)

「How do you come here?」(どのようにここまで来ましたか?)

3、問題カードの黙読

英文とイラストが印刷された問題カードを手渡されます。まず、英文を20秒で黙読するよう指示されます。英文の分量は50語程度です。

4、問題カードの音読

英文の音読をするように指示されるので、大きな声で音読します。時間制限はありません。

5、5つの質問

音読の後、面接官の5つの質問に答えます。

No.1~3は問題カードの英文とイラストについての質問です。音読した文章について、問題に答えます。また、カードに書かれているイラストを見て、人物の行動や状況を説明します。

No.4・5は受験者自身の意見を問う質問です。イラストのトピックに関連した質問1題と、関連していない質問1題です。日常生活の身近な事柄についての質問に答えます。

6、カード返却と退室

試験が終了したら、問題カードを面接官に返却し、挨拶をして退出します。

面接の流れ  ~英検2級~

面接形式のスピーキングテストです。

英検2次試験は面接形式のスピーキングテスト
1、入室と挨拶

係員の指示に従い、面接室に入ります。挨拶をしてから、面接官に面接カードを手渡し、着席します。

2、氏名と受験級の確認

面接官が受験者の氏名と受験級の確認をします。その後、簡単な会話をしてから試験開始です。

3、問題カードの黙読

英文とイラストが印刷された問題カードを手渡されます。まず、英文を20秒で黙読するよう指示されます。英文の分量は60語程度です。

4、問題カードの音読

英文の音読をするように指示されるので、大きな声で音読します。時間制限はありません。

5、4つの質問

音読の後、面接官の5つの質問に答えます。

No.1・2は問題カードの英文とイラストについての質問です。音読した文章について、問題に答えます。また、カードに書かれているイラストを見て、人物の行動や状況を説明します。

No.3・4は受験者自身の意見を問う質問です。イラストのトピックに関連した質問1題と、関連していない質問1題です。日常生活の身近な事柄についての質問に答えます。

6、カード返却と退室

試験が終了したら、問題カードを面接官に返却し、挨拶をして退出します。

2次試験の配点

2次試験は採点の観点が3つあります。

1、リーディング  5点満点

英文の内容がきちんと伝わるように、個々の単語の発音や意味の区切りなどに注意して読むことが求められます。

2、Q&A  25点満点

与えられた情報(英文、イラスト)に関する質問では、情報をしっかりと理解した上で、適切な表現を使って答えることが求められます。また、受験者自身の意見に関する質問では、自分の考えを論理的に述べることが求められます。

3、アティテュード  3点満点

面接室への入室から退室までのやりとりの中で、積極的にコミュニケーションを図ろうとする態度が求められます。

この3つの観点をもとに採点されるのですが、Q&Aの配点が非常に大きいです。33点満点のうち25点を占めているので、「質問に適切に答えられるか」が合否を決めるポイントとなります。

次回、英検の2次試験の対策について書きます。

関連ページ

英検の面接ってどう対策するの? ②

英語の勉強法

発音問題のコツを伝授!

勉強ができる人は脳の構造が違う??

「学歴」って?-―それは「浮き輪」です

ブログ

一覧トップへ