ブログ

浪人したら学力は伸びる?②

<トライプラス><千葉><予備校・塾><高校生専用教室><大学受験><現役><浪人>

こんにちは!

トライプラス鎌取駅前校高等部の青木です。

前回に引き続き、浪人についての内容です。今回は浪人してもあまり学力が伸びない理由について書こうと思います。大学の志望校を考える上で参考にしてみてはいかがでしょうか?

浪人して大きく学力を伸ばすのは3分の1だけ

伸びない理由① モチベーションの維持が困難

1年間、毎日12時間以上ずっと勉強し続けていくのはかなり大変なことです。高校では気心の知れた友達と励まし合って勉強できますが、浪人生となるとなかなかそうはいきません。1年間勉強し続けるのは、相当なモチベーションが必要です。

1年間勉強し続けるには、相当のモチベーションが必要

高いレベルの大学を目指して浪人したものの、モチベーションが続かず、志望校のレベルを下げる人も多くいます。

伸びない理由② 不合格の分析不足

現役時代の不合格の理由を分析しないまま、予備校に入ってしまうためです。

「現役時代は、実力が足りなくて合格できなかった。」

これは事実かも知れませんが、何の教科の、どの実力が足りなかったのか、自分なりに分析するべきです。

例えば英語。単語のレベルは足りていたか、文法はどうか、長文読解はどうか。問題が解けなかったのは、単語が分からなかったのか、時間が足りなかったのか。リスニングや英作文の対策は十分だったか。

文法が不十分というのは、何が分かっていないのか。高校レベルの基本は解けるが応用ができないのか、中学レベルから分かっていないところがあるのか。

このようなことを自分なりに分析し、足りないところを補える予備校や授業を受講すべきだと思います。この分析をやらないまま予備校に入ると、自分のレベルや勉強内容に合っていないコースになってしまい、効果が薄くなってしまうのです。

伸びない理由③ 時間があるという油断

1つ目に書いたように、浪人生は常に13時間くらいの勉強時間が確保できます。現役のときは学校の隙間時間などで必死になって時間の工夫をしますが、浪人生は毎日たっぷりと時間があります。

すると、「たっぷり時間があるから少しくらい勉強しなくても大丈夫」といった油断が生まれてしまうのです。

時間があるという油断

例えばアルバイト。「一週間で168時間もあるんだから、週に2回、2時間ずつくらいならバイトできるかな」と思う人はいませんか?

「時間があるから少しくらいバイトしても大丈夫だろう」

アルバイトは要注意

「時間があるから1日くらい遊びに出かけても大丈夫だろう」

このような思いが油断を生み、実力アップの妨げになるのです。

伸びない理由④ 大学生になった友達からの誘惑

すでに大学生となった、かつての高校時代の友達から遊びに誘われることもあるでしょう。

大学生になると、生活リズムや環境が大きく変わるため、いわゆる「大学デビュー」するような人もいますね。今までファッションに興味もなかったような人が、急にオシャレな服装をしていたり、髪を染めていたり。車の免許を持っている人やお酒を飲んでいる人(もちろん本当は違法ですが)もいるかもしれません。そういった同級生の友達の誘いを断れますか?実際に断るのはなかなか難しいと思います。

実力を大きく伸ばせるのはこんな人

上記のように、主に4つのことが理由となって、浪人しても実力を大きく伸ばすのは難しいです。

逆に言えば、上の4つのことに対処し、打ち克つことができれば、浪人して実力を伸ばすことができます。

具体的には、

・「絶対に志望校に合格するぞ!」という強い気持ちを持って勉強に臨む。

・現役時代の不合格の要因を自分なりに分析し、不足を補える予備校や塾を選ぶ。

・アルバイトはせずに、勉強に打ち込む。

・友達の遊びの誘いは極力断り、どうしても息抜きが必要なら時間のけじめをつける。

ということです。

また、元々の実力が高いにも関わらず、現役時代に勉強量の不足で不合格だった人も、実力を伸ばせる可能性が高いです。現役時代に部活が忙しすぎて、なかなか勉強時間を確保できなかったという人もいると思います。ただし、その場合は中学内容がしっかり身についている、というのが条件です。

当塾の方針としては、「浪人はあまりオススメではない」

当塾の方針として、正直なことを書くと、浪人はあまりオススメしません。

なぜなら、浪人しても3分の1の人しか大きく伸ばせないからです。

上記の実力を伸ばせない4つの理由ですが、これらを克服することは簡単にできることではありません。本人の強い意志と努力、周りの人のサポートが不可欠です。現実的なことを考えると、なかなか難しいというのが本音です。

それならば現役のとき、少しでも届く可能性を広げられるように、必死で努力するのが先だと思います。その上で自分のプライドと実力、学びたいことや通学時間を考えて、滑り止めの大学を選ぶのがいいでしょう。

関連ページ

浪人したら学力は伸びる?①

勉強ができる人は脳の構造が違う??

偏差値の上げ方 ①

「学歴」って?-―それは「浮き輪」です

ブログ

一覧トップへ