2020年大学入試改革情報

大学入試制度② 学校推薦型選抜2

<トライプラス><千葉><予備校・塾><高校生専用教室><大学入試改革><学校推薦型選抜><公募推薦>

こんにちは!

トライプラス鎌取駅前校高等部の青木です。

2020年は大学入試改革の年です。コロナウィルスの影響で、日程など多少の変更はありますが、大学入試改革は着実に実施されています。

大学入試改革

今年度と来年度以降の入試に向けて、改めて入試制度についてまとめます。

今回は学校推薦型選抜の公募推薦について書こうと思います。

公募推薦形式

学校推薦型選抜のうち、指定校推薦は、大学が高校を指定し、募集枠を設けるものです。

それに対して、高校を指定せずに、全国から広く募集するものを「公募推薦」形式と言います。

指定校推薦形式と同様、評定平均値などの条件があり、推薦書も必要です。

「推薦基準」というひとつのハードルがあるため、一般選抜よりは低倍率です。しかし、この基準を超えていれば誰でも応募できるため、入試そのものは簡単ではありません。

推薦枠

募集定員は、大学・学部・学科によって大きく異なりますが、5人~20人という範囲に収まる大学が多いです。全国で20人ですから、決して多くはない定員数です。

また、県立の大学などは、地域枠を設ける大学もあります。

推薦基準

多くの大学で評定平均値を定めています。

推薦基準の一例を載せます。

例①:千葉県立保健医療大学 健康科学部 看護学科

   基準 評定平均値3.8  <推薦は各高校2人まで、専願制>

例②:神田外語大学 外国語学部 英米語学科

   基準 評定平均値3.8  <英検2級取得者>

評定平均値の基準のみを設ける大学もありますが、上記のように資格・検定の取得の基準を定めている大学もあります。

学校推薦型選抜(公募推薦)の流れ

全体の流れは基本的に指定校推薦と同様です。

7月下旬:1学期通知票配布

9月中旬:高校内 推薦入試受付開始

9月下旬:推薦判定会議 → 出願可能

11月上旬:大学に出願

11月中旬:学校推薦型選抜の入試

12月上旬:合格発表

指定校推薦と同様、公募推薦も今年の入試から日程が変更となりました。大学入試改革によって、時期がこれまでより遅く設定されています。

大学入試改革による変更点

日程の他に、大学入試改革による変更点があります。

それは「推薦書」を記入することです。

推薦書

公募推薦は学校推薦型選抜の一種なので、推薦書が必要です。指定校推薦と同様のものです。

推薦書

11月の学校推薦型選抜の出願時に、「推薦書」を提出することになりました。「推薦書」は高校の担任の先生が書いてくれるものですが、校長先生の判子が押される正式な書類です。

この「推薦書」に何を書くかというと、「思考や表現を伴う、主体的で協働的な学習の評価」を書くことになっています。

例えば、自ら行うレポート作成や、総合学習での研究発表などの活動記録です。

その中で、課題に対してどのように考え、発表したか、仲間の中でどのような役割を担ったか、ということを書くのです。

これらのことをすべて担任の先生がやってくれるというのは無理があります。担任の先生は神様ではなく、受験生のすべてを知り尽くしているわけではないですし、学校推薦型選抜を受ける担当生徒は何人もいるからです。

そうすると必然的に、生徒自身で、推薦書に書いてもらう材料を用意する必要があります。

学校推薦型選抜の入試

公募推薦は元々試験を実施する方式であるため、それほど大きな変化はありませんが、実施する試験の数が増えている傾向にあります。

入試は、「大学入学共通テスト」もしくは下記の「各大学独自の評価方法」です。

大学独自の評価:小論文、プレゼンテーション、口頭試問、実技、各教科・科目に係るテスト、資格・検定試験の成績 等

英検等の検定取得

従来、小論文と面接で試験を行っていた大学が、今年は小論文とプレゼンテーションを含む面接を実施したり、出願資格に検定取得を追加したりしています。

ここまで、学校推薦型選抜の公募推薦についてまとめました。

次回、総合型選抜について書こうと思います。

関連ページ

ブログ 大学入試改革情報

大学入試制度① 評定平均値

大学入試制度② 学校推薦型選抜1

勉強ができる人は脳の構造が違う??

偏差値の上げ方 ①

「学歴」って?-―それは「浮き輪」です

2020年大学入試改革情報

一覧トップへ