ブログ

ニュースを読もう

<トライプラス><千葉><予備校・塾><高校生専用教室><休校><ニュース>

こんにちは!

トライプラス鎌取駅前校高等部の青木です。

連日コロナウイルス関連のニュースが盛んに報道されています。

千葉南高校では、政治経済の休校課題として、ニュース記事のレポートが出されています。今日は、ニュースについて書きたいと思います。

ニュースは何のため?

時事問題対策

学校の定期テストで出される時事問題は、テスト前1ヶ月程度のニュースから出題されることが多いですね。中学では「公民」、高校では「政治・経済」の科目で出題されることが多いと思います。定期テストの対策としては、新聞のニュースや、テレビのニュースを見て、世の中の出来事を知っておく、ということです。特に政治に関わるニュースでは、人の名前やその人の政党が大きなキーワードとなります。その点に注目して、ニュースを見てみるといいでしょう。

現代文対策
現代文対策と新聞記事

また、新聞記事は、高校生年代の人が一番取り組みやすい「論説文」だと思います。国語の教科書や、入試問題に使われる「評論」は、通常、何らかの書籍の抜粋です。新書(岩波新書やPHP新書、新潮新書など)のように市販されている評論から、一部の文章を抜き取って問題にしているわけですね。理想を言えば、入試に使われるような評論をたくさん読むのがいいのですが、部活や日々の勉強に忙しい高校生にとっては、新書をたくさん読むことは現実的ではないかもしれません。

そこで、新書よりもっと簡単に読めるような文量で、評論のような内容のもの、とすると、新聞記事が挙げられます。新聞の文章は、新聞記者という作文のプロが書いた「論説文」です。もちろんニュースの内容によりますが、きちんと論理立てて書かれていて、読みやすい文章であるはずです。

小説を読むことも、文章読解の一つではありますが、現代文に出てくる堅い文章に普段から触れておくことは、読解力の向上に繋がります。

大人になったときのために

以上に挙げた2つの理由は、テストの点数のためですが、私が個人的に伝えたいのがこの3つ目です。

人間は、年齢が上がれば自動的に大人になりますが、社会一般で言う「大人」は単に年齢のことだけではありません。高校生、大学生、大人と成長するにつれて、「自由」と「責任」が増えてきます。「自由」と「責任」があるのが「大人」だと私は思っています。

では、そんな「大人」は社会にどのように関わるべきでしょうか?

18歳になると、選挙権が与えられ、議員や首長を選ぶための投票をします。世の中で起こっている出来事を知らなければ、有意義な投票とはなりません。「有意義」とは、自分自身にとって意義があるか、ということです。選挙とは、自分の未来を託す相手を選ぶための行動なのです。

つまり、「大人」になるために、世の中のニュース知っておこう、ということです。

新聞の読み方

全部読まなくていい

新聞を今まで読んでいなかった人は、まず何から読めばいいのか分かりませんよね?新聞は「全部の記事を読まないといけない」と思っている人もいるかもしれません。

では、そんな考えは捨ててください!

新聞は「全ての記事を読む必要はない」のです。むしろ、そんな人は世の中にほとんどいないと思います。

タイトルをチェック

新聞は、まず、「タイトルをチェック」します。なぜなら、新聞記事のタイトルとは、記事の内容を端的に表す一番強い言葉で作られているからです。タイトルを読めば、記事の内容がすぐに分かるはずです。ネットのコラムなんかでは、記事を読ませるためにあえて曖昧なタイトルを付けることがありますが、新聞記事ではほとんどありません。

興味を持ったら記事を読む

新聞記事のタイトルを見て、興味を持ったらその記事を読んでみましょう。政治の記事に限定する必要はありません。スポーツの記事でもいいです。タイトルで内容はすぐに分かると思いますので、記事を読んで、詳しい内容を理解しましょう。

新聞はまず「総合面」

新聞を手にとったら、一番最初に「総合面」を見ましょう。総合面は、どの新聞でも1ページ目にあります。(大抵の新聞は、総合面は1ページ目で、その裏の最終ページがテレビ欄になっています。)

総合面は、前日の一番大きなニュースが載っているはずです。そのニュースが政治のニュースか、社会の事件か、スポーツのニュースかは、もちろんその日によって違いますが、世の中の関心が高いニュースであることは、間違いありません。できれば、タイトルだけでなく、記事の内容も読んだほうがいいですね。

次に「社会面」

総合面に目を通したら、次に「社会面」を見てみましょう。社会面は、総合面の次のページか、最終ページのすぐ前(テレビ欄の裏ページ)にあることが多いです。社会面には、前日に社会的な大きな出来事が載っています。大きなニュースなので、総合面の内容と同じ出来事を扱っていることも多くありますが、社会の出来事を知る上では、重要なページです。

次に「地域面」

社会面に目を通したら、次に「地域面」を見てみましょう。中程のページに、「千葉版」と書かれたページがあると思います。このページは、その名の通り、千葉県内でのニュースが載っています。千葉という身近のニュースであれば、親近感をもって読みやすいのではないでしょうか。

千葉版には、高校生が親しみやすいニュースも載っていますね。例えば、大学教授が高校に出向いて出張授業を行ったことや、県大会レベルの部活の成績も載っています。

インターハイ出場者の欄に、当塾の生徒が載っていたこともありました!

まとめ

以上のように、新聞記事を読み、ニュースに触れることは様々な効果があります。特に受験で政治・経済を使う人や、面接試験がある人は、ぜひ新聞を毎日読んでいきましょう!

おわりに…… 新聞を取っていないご家庭では

ここまで、新聞について書きましたが、新聞を購読していないというご家庭もあるかと思います。

ニュースアプリの利用

そんな人は、スマートフォンで「ニュースアプリ」を使いましょう。

個人的にオススメなアプリは、「Smart News」という無料アプリです。ニュースアプリの中では、ダウンロード数が1位で、iPhoneでもAndroidでも使えます。アプリのトップページ以外の表示ジャンルを変更できたり、配信時刻や通知の設定を調整できたり、自分の使い方に合わせてカスタマイズできるアプリです。新聞をとっている人でも、使ってみてください!

関連ページ

現代文勉強法はコチラ!

ブログ

一覧トップへ